老後破産や下流老人化は年金額が少ないだけが原因ではない

Sponsored Link


■老後の生活に不足する部分を補う貯蓄は可能か否か

 老後破産や下流老人となられる方は、おおよそ十分に年金が受給できないといった問題を抱えているものです。実際、満足のいく年金が支給されていないがために、まともな生活ができないといった方は少なくないことでしょう。


 確かに無年金や年金額が月2,3万円程度である場合、職がなく他に収入源がないのであれば、生活が困窮することは目に見えています。しかしこのような方の場合には、生活保護申請を受けることで、最低限の生活は保障されることになります。このため、老後破産や下流老人となられる方の年金額は、生活保障で賄える最低限の金額である13万円程度の受給しか得られない人がもっとも不安を招きやすいものといえそうです。


 ここでは、年金受給額が13万円程度出会った方を例に挙げることにしましょう。老後において夫婦で生活をする上では、毎月25万円程度のお金が必要となるといった試算があります。また、ある程度のゆとりを持った生活を送るためには、月35万円程度の額が必要になるといったデータもあります。


 仮に年金額がこれに満たない場合、その不足分を貯蓄で補う必要があるとする記事を多く目にします。13万円では25万円に毎月12万円不足します。仮に65歳から85歳まで生きるための不足分は12万円×12ヶ月×20年ですから、その額実に2880万円となります。つまり65歳までの間に、おおよそ3000万円の貯蓄が必要となるという試算となります。


 しかし、生活に困窮して定年を迎えられた方が、はたして3000万円もの貯蓄を積み上げることは可能でしょうか。実際には、まず無理であるはずです。


■年金が少ない場合は計画的に環境を整備する

 各メディアの記事などを目にすると、その多くがこのような流れで試算し、そして多額の貯蓄が必要となるといった結論を書き上げます。しかし実際にそんな貯蓄ができるのであれば、誰も頭を抱えたりはしないことでしょう。


 さて、ではどうすればよいでしょうか。実は、貯蓄を積み上げることをしなくても、少ない年金で生き抜いていく方法はあります。年金額については、ほぼ確定がなされているうえ、貯蓄もないわけですから、この点をどうこう考えても、生きる術を見つけることはできません。よって、残る方法は、年金以外の収入を確保するか、もしくは少ない収入額でもマイナスとならない支出で生活をやりくりする以外にありません。


 ここではまず、支出を極限まで減らすための取り組みについて考えを進めていこうと思います。実は、月10万円程度であっても、あらかじめその環境を計画的に準備しておくことで、十分に生き続けることは可能なのです。




Sponsored Link