定年退職を迎える以前から接したい複数のコミュニティ

Sponsored Link


■50代からの多くのコミュニティに接しておく必要性

「定年したらあれもしたい」「こんなことにもトライしたい」と、多くのミドルが夢を見ます。しかしその多くは実現することがないか、数ヶ月で飽きてやめてしまうものです。


 同様に、老後の孤立化を避けるため、老後はより多くのコミュニティに接しようと考えていても、実際に老後を迎えられた以降、自らはなかなか積極的に動けないという方が多いように感じます。


 これを避けるためには、50代になられた頃から、積極的に多くのコミュニティに接する機会を持ったり、趣味を通じた友人知人を作っておくことが重要なポイントとなります。


 ちなみにここでいうコミュニティ(Community)とは、同様の趣味や目的のもとに形成される集まりをいいます。


■実際にはどのようなコミュニティに接しておくべきか

 一口に「複数のコミュニティに接する機会を設けておく」といっても、実際にどのような方法において複数のコミュニティに接すれば良いかがわからないという方もいらっしゃるかもしれません。


 もし身近に思い当たるコミュニティがないという場合には、地域コミュニティを探してみるのもひとつの手ではあります。地域コミュニティとは、地域住民が生活をしている場所という意味ですが、住民同士の交流が盛んになされている場合が少なくなく、それぞれに多くの特徴や方向性を持っているものが用意されているはずです。


 たとえば、各種スポーツや芸能、お祭りのコミュニティもありますし、特定の趣味に特化したものも少なくありません。これらは単独で運営されているものから、地方自治体主導で運営されているものもあります。


 ミドル世代からこれらのコミュニティに積極的に参加しておけば、地域内での多くの知人友人を作ることができます。また、知人友人ができれば、その人々の横の繋がりからさらにコミュニケーションを拡大することもできます。さらには、それらの人々のイベントにも参加できることから、数々の人々との交流が可能となります。


 この状況をミドル世代で構築しておけば、週末毎に多くのイベントを楽しむこともできる上、おおよそ老後を一人で過ごさなければならないといった事態に陥ることは回避できることでしょう。




Sponsored Link