第6章・下流老人化回避のコミュニティ

Sponsored Link


下流老人化する高齢者の持つ特徴のひとつに、社会的孤立を挙げることができます。定年で職を失うことから、社会との実質的な繋がりが断たれることになります。また、知人友人が限られている場合、コミュニケーションの場も限られることになり、情報が不足したり困った際に誰からの支援も受けられなくなるリスクがあるわけです。よって高齢者となられる以前から、より多くのコミュニティに接しておく必要があります。本章においては、そんな点について考えを進めていくことにしましょう。

■記事一覧

下流老人となるリスクが高い老後の孤立

老後破産や下流老人となられる高齢者には、ある種の傾向があるものです。その一つが老後の孤立化です。たとえば熟年離婚を言い渡されたり、夫や妻の死去などから、定年後の一人暮らしを余儀なくされる場合があります。また、生涯に渡って一人暮らしの場合...

孤立確率が低下する持ち家の高齢者

老後の孤立について、即効性のある対策は少ないといえます。しかしもし、持ち家をお持ちであるならば、そして成人したお子さんをお持ちであるならば、後に一人になったとしても、孤立する確率は低下する可能性が高いといえます。子供家族が住むだけの居住...

定年退職を迎える以前から接したい複数のコミュニティ

「定年したらあれもしたい」「こんなことにもトライしたい」と、多くのミドルが夢を見ます。しかしその多くは実現することがないか、数ヶ月で飽きてやめてしまうものです。同様に、老後の孤立化を避けるため、老後はより多くのコミュニティに接しようと考...

コミュニケーションの構築と生き甲斐の確保

50代の頃から近隣の友人知人とのコミュニケーションを充実させおいたり、参加可能なコミュニティを複数持っておくことで、多くの話し相手や相談者を確保することができることについて先にふれています。しかし中には「人付き合いはちょっと苦手で」とい...

Sponsored Link