第4章・老後破産回避の支出管理

Sponsored Link


老後を迎えるにあたり、年金が少ない、貯蓄が少ないなどの要因から、不安にさいなまれる方は、近年増加傾向にあります。収入が少ないわけですから、困窮してしまうことはある意味当然のことといえます。しかし実は、収入が少ない状況であっても、老後破産を回避する方法は存在するものです。この方法としては、収入を上げるか、もしくは支出要素を根本的に改善するかです。本章においては、後者から説明をしていくことにしましょう。

■記事一覧

老後破産や下流老人化は年金額が少ないだけが原因ではない

老後破産や下流老人となられる方は、おおよそ十分に年金が受給できないといった問題を抱えているものです。実際、満足のいく年金が支給されていないがために、まともな生活ができないといった方は少なくないことでしょう。確かに無年金や年金額が月2,3...

老後の生活を月10万円程度に抑えるための意識改革

老後において不安な要因を抱えているのであれば、50代になった段階において、いち早く老後の準備を開始されることをお勧めします。老後の準備としては、収入面と支出面の双方を同時に行う必要がありますが、ここではまず支出面について考えを進めていく...

消費欲を抑えること真の価値とは

「豊か」というと多くの方は「高収入である」「使えるお金が十分ある」といった経済面を意識されることかと思います。このため給与が上がれば、その分の消費を増やすことでライフスタイルを向上させることになります。ところが、収入が上がったとしても無...

老後における真の豊かさとは何かを考える

本サイトでは老後問題を中心にお話を進めていますが、老後において最大限に収入を上げようと考えられていらっしゃる方はむしろ少数であるはずです。老後に十分な仕事は存在しないことから、老後に収入を引き上げるためには、自らビジネスを起業するか、も...

老後破産を招かないための常日頃の健康管理

加齢とともにどうしても身体のさまざまな箇所に問題が生じやすくなります。このため、年齢とともに医療機関の受療率は上昇傾向をたどるものです。特に65歳を越える頃からこの数値は跳ね上がります。それとともに世帯当たりの保険医療費も上昇し、1ヶ月...

少ない年金でも安心して暮らすことのできる環境の整備

これまでにおいて、老後の生活環境を50代のうちから計画的に整備する必要性について簡単にふれてきています。しかしそれでは、少ない年金でも安心して暮らすことのできる環境の整備とは、実際にはどのような部分に配慮し、何を行えばよいでしょうか。こ...

Sponsored Link