第3章・下流老人回避戦略

Sponsored Link


昨今、老後破産という言葉と同様、多くのメディアで目にする言葉に「下流老人」という言葉があります。破産をするまでに深刻ではないものの、いわゆる下流の生活しかすることができない高齢者を意味します。下流老人は今後の日本において急増することがささやかれています。ではなぜ、今後の日本において下流老人は急増することになるのでしょうか。本章においてはその問題点を洗い出すとともに、下流老人とならないための戦略を考えていこうと思います。

■記事一覧

そもそも下流老人とはどのような人々をいうのか

最近になって下流老人という言葉をさまざまなメディアで目にするようになっています。下流老人とは、生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者をいいます。つまり、生活保護を受けて生活をする人々と同等かそれ以下の生活を余儀なくされ...

定年後に下流老人へと陥る人の共通点

先に下流老人の特徴についてを学びました。簡単に復習するならば、低所得で貯蓄がなく、社会的孤立状態にある高齢者に下流老人が多いわけです。よって、今後高齢者となられる方は、この3つの要素をクリアしておけば、下流老人になる確率を下げることが可...

老後に医療費負担を増やさないための準備

先に、定年後に下流老人へと陥る人の共通点についてご紹介しました。この中で、高齢者となられて病気や事故などから医療負担が増大したことで、それが生活を圧迫し、生活が困窮して下流老人へと陥るケースをご紹介しています。病気や事故については、なか...

熟年離婚のない理想的な夫婦のあり方

日本の離婚率は、平成14年を頂点として下落傾向にありますが、いまだ高水準を維持しています。しかしながら50代以降の離婚件数は、現在でも右肩上がりの状況が続いているのが現状です。熟年離婚をされる場合、老後を前に財産や年金額の分与が発生する...

痴呆症の発症をくい止めるための生活習慣

痴呆症は、同居家族にも大きな負担をかけることになります。また、一人暮らしの高齢者が痴呆症を発症してしまうと、下流老人に陥るのみならず、生活がたちゆかなくなるリスクもあります。ところが現在、痴呆症の抜本的な治療方法はまだ確立していません。...

我が子をパラサイトシングルにしないための準備

非正規労働者が急増するに従って、我が子がパラサイトシングルとなったことから、老後の設計が大きく崩れたり、下流老人や老後破産に陥る高齢者が目立ち始めています。パラサイトシングルとは、親に基本的生活を依存しながら生きる未婚者をいいます。ちな...

介護施設に入居できない場合の対策

下流老人へと陥る要因のひとつに、介護施設に入居できないことを発端とするケースがあります。また、介護施設に入居できない要因として、入居するだけの経済的余裕がない場合と、入居したくても空きが全くない場合があります。介護施設に入居するためには...

Sponsored Link