index

Sponsored Link


■高齢者に訪れている悲惨な状況

 日本国民の老後生活に暗雲が立ちこめ、老後破産者が増え始めています。年金財政は危機的状況にあることから、支給年齢が65歳へと引き上げられるのと同時に、支給額は徐々に減額され続けています。また、その一方で年金保険料は毎年確実に上がり続けている状況です。さらには、介護費用や健康保険負担率も上昇を続け、今後の国民は、過酷な老後生活を強いられる可能性が高まっています。


 労働環境の変化もまた、老後の生活を苦しいものにしつつあります。高度経済成長期において一般的な雇用形態であった終身雇用制度が崩壊し、昨今では労働者のおよそ4割が非正規労働者として生計を立てています。非正規労働者の場合、いつ職を断たれるかといった危機感を払拭することができません。また、ボーナスもなく、退職金もないことから、60歳で職を失ってしまうと、それ以降、年金受給年までの間自力で生き抜いていく必要があります。低所得から国民年金の保険料を払うことができない人も多く、老後において、生活の術を完全に失うリスクのある人が急増することが懸念されているのです。


■老後破産や下流老人化を回避する

 さて、あなたは老後における安定かつ安心した生活設計をされていらっしゃるでしょうか。「生活設計もなにも、年金もないし仕事もカネもない」と、嘆かれてはいらっしゃらないでしょうか。


「どうせ破綻をするだろうから、年金など支払う必要がない」と、滞納を重ねてこられた方からすれば、実際に老後を迎えられた以降、サポートの全くない余生を送らなければならない現実に直面することになります。老後の生活設計を、まだ先のことだからと先送りしつつ、気がつけば60歳が目前という方も少ない数ではないことでしょう。


 本サイトでは、老後破産や下流老人化を回避するための方法を、あらゆる側面からお伝えしています。よって、本サイトを読み進めていただくことで、誰もが安定した生活設計の構築が可能となり、安心して老後を迎える準備をしていただくことができるはずです。


「年金も退職金もないが、生きていく方法はあるか?」といった難しい状況の方であっても、老後を生き抜いていくための道を、きっと見つけていただけることでしょう。


 是非とも、ご参考いただければと思います。


■目次


第1章・老後生活のリスク


第2章・格差社会の発生要因


第3章・下流老人回避戦略


第4章・老後破産回避の支出管理


第5章・老後破産回避の収入源確保


第6章・下流老人化回避のコミュニティ


第7章・終の住処の確保


第8章・精神的下流老人回避策



Sponsored Link